ノースブリッジ

用語の解説

ノースブリッジとは

(ノースブリッジ)

 PC/AT互換機のマザーボード上に配置されたLSIチップの一つ。

コンピュータ内部の情報流通を制御する「チップセット」の重要な構成要素の一つ。 マザーボード全体を地図に見立てたときに北側に配置されることからこのように呼ばれる。 ノースブリッジは、CPUとPCIバスとを接続する役割を果たす。 メインメモリやAGPバスとの接続を制御する機能を内蔵していることもある。 システム全体の製造コストを引き下げるために、ノースブリッジにビデオ機能を統合したり、CPUにノースブリッジの機能を持たせることがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]