ノートン360

用語の解説

ノートン360とは

(ノートンスリーシックスティ,Norton 360,)
ノートン360とは、Symantecが販売している統合セキュリティソフトウェアの名称である。
ノートン360では、インターネットを利用する際のセキュリティ対策や個人情報保護をはじめ、PCのデータ紛失を防ぐ自動バックアップ機能や、PCのパフォーマンスを維持するための最適化に関する機能などを含んでいる。 インターネット利用時のセキュリティ対策としては、コンピュータウィルスやワーム、スパイウェア、不正アクセスなどの攻撃からコンピュータを保護する機能、Webサイト閲覧時にフィッシング詐欺などでないかを確認し、個人情報を保護・管理する機能などがある。 独自技術として「ノートンセーフウェブ」や「SONAR」などが搭載されている。 また、自動バックアップ機能について、2009年3月に発売された「ノートン360バージョン3.0」標準パッケージでは、専用のオンラインストレージサービスが2GBまで無償で利用できる。 PCの最適化機能としては、不要なレジストリの削除、インターネット一時ファイルの削除、デフラグメンテーションなどが自動的に実施される。 ノートン360 バージョン3.0の管理画面 「ノートン360バージョン3.0」は、1製品につき3ライセンスが付属するため、3台のコンピュータにインストールしてそれぞれ1年間の更新サービスを受けることができる。 パッケージソフトとしてもオンラインソフトとしても販売されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]