編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ハイテク犯罪対策室

用語の解説

ハイテク犯罪対策室とは

(ハイテクハンザイタイサクシツ,サイバー犯罪対策室,ハイテク犯罪対策センター,)
ハイテク犯罪対策室とは、各都道府県警が設置する、サイバー犯罪の取締りと予防を行う部署のことである。
ハイテク犯罪対策室では、インターネット利用に関する相談の受け付けや、サイバー犯罪を防止するための広報パンフレットの作成、違法・有害情報およびサイバー犯罪の取り締まりなどを担当する。 県警ごとに名称は異なるが、「サイバー犯罪」または「ハイテク犯罪」という言葉を冠する場合が多い。 ハイテク犯罪対策室のうち、京都府警のハイテク犯罪対策室は、Winny開発者の逮捕によってコンピュータウィルス作成者を国内で初めて逮捕したことにより、全国的に知られた。 全国のハイテク犯罪対策室に相談する場合などは、相談者の居住する県警が対応窓口となる。 また、総合的な情報提供や各県警窓口の紹介等は警察庁のWebサイトにおいて行われている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]