編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ハイテク犯罪

用語の解説

ハイテク犯罪とは

(ハイテクハンザイ,サイバー犯罪,コンピュータ犯罪,high-tech crime,)
ハイテク犯罪とは、コンピュータ技術やインターネットなどの電気通信技術を利用した犯罪行為の総称である。
コンピュータのシステム障害を引き起こしたり、データや個人情報を盗んだり、詐欺をはたらいたりと様々である。 匿名性の高さや、不特定多数の者に害を与えやすいことなどを特徴とする。 ハイテク犯罪の内容は、警視庁サイバー犯罪対策ホームページによれば、大きく「ネットワーク利用犯罪」と「コンピュータ、電磁的記録を対象とした犯罪」、「不正アクセス禁止法違反」に分けることができる。 「ネットワーク利用犯罪」には、覚醒剤や拳銃、海賊版ソフトウェアなどの違法な物品の販売から、インターネットを通じた少女買春、あるいはメールや電子掲示板を利用した脅迫・誹謗中傷・名誉毀損、メール爆弾、悪質なクラッキング、クレジットカードナンバーの盗用などが含まれる。 最近ではワンクリ詐欺やフィッシング詐欺、スピアフィッシングなど、高度な技術を利用してユーザーを巧妙にだます詐欺の手法が増えている。 ハイテク犯罪の中でもネットワーク犯罪が9割を占めている。 「コンピュータ、電磁的記録を利用した犯罪」では、コンピュータに攻撃を仕掛けて機能不全に陥らせたり、あるいはコンピュータを不正に利用する行為が該当する。 Yahoo!が運営するオークションサイト「Yahoo! オークション」では、ハードディスクに違法なコンテンツを記録した状態でインターネットオークションに出品し、秘密裏にやり取りする行為などが取りざたされ、緊急に「記憶媒体等の出品に関するルール」が取り決められた。 最近では、携帯音楽プレーヤーの「iPod」を利用してコンピュータの記録を盗む「ポッドスラーピング」なども登場して問題になっている。 「不正アクセス禁止法違反」は、ネットワークを通じてシステムに不正に侵入することを禁止するために1999年に制定された「不正アクセス禁止法」を侵す行為が該当する。 他人のIDやパスワードを盗んで不正にサーバーにアクセスしたり、セキュリティホールを攻撃してシステムに侵入したりといった行為が含まれている。 パソコンとインターネットが身近になるにつれて、現在ネットワーク犯罪は確実に増加傾向にある。 国内外のテロ組織がネットワークを利用して起こすサイバーテロも懸念されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]