編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ハッシュ法

用語の解説

ハッシュ法とは

(ハッシュホウ)

 データ検索アルゴリズムの一種で、もっともポピュラーなものの一つ。

検索対象のデータを一定の規則にしたがってハッシュ値と呼ばれる整数に変換し、ハッシュ値を比較して検索を行なう方式。

 文字列検索のように個々のデータが大きい場合、データ全体を比較しながら検索するよりも比較にかかるコストが節約でき、高速に検索できる。 ただし、検索するデータの大きさが小さければ、ハッシュ値に変換する手間が増えるためにかえって効率が悪くなることもある。

 元のデータをハッシュ値に変換する関数をハッシュ関数と呼ぶが、すべてのデータが異なるハッシュ値を持つように変換できれば、探したいデータのハッシュ値と同じハッシュ値を持つデータを探すことで、探したいデータと同じデータを見つけることが可能になる。 しかし現実にはそのようなハッシュ関数を用意することは難しいため、ハッシュ値が重複した場合(1つのハッシュ値に複数のデータがエントリーされる場合)を処理する方法を用意しておく必要がある。

 ハッシュ値の重複を処理する代表的な方法としては、重複した場合に空いているハッシュ値にデータを振り分ける「オープンアドレス法」や、同じハッシュ値を持つデータを線形リストとして保存する「直接連鎖法」などがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]