編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ハッシュ関数

用語の解説

ハッシュ関数とは

(ハッシュカンスウ,hash function,)
ハッシュ関数とは、暗号化や誤り・改ざん検出などに使われる、あるデータからそのデータを要約する数列を生成する演算手法のことである。
ハッシュ関数における「データを要約する数列」とは、固定長の疑似乱数列である。 これは、ルールのない乱数列のように見えるが、実際にはある理論によって求められているという性質をもっている。 この数値はハッシュ値などと呼ばれることもある。 理想としては、異なるデータから異なるハッシュ値が生成されることが望ましいが、一般的にそれは難しい。 実用的には、似ている2つのデータから似ているハッシュ値が生成されないことや、元のデータとハッシュ値が等しい別のデータが簡単には生成できないことなどの要件を満たす関数にすることで、信頼性や暗号化技術としてのセキュリティレベルなどを保っている。 代表的なハッシュ関数としては、与えられたデータに対して128ビットのハッシュ値を生成するSHA-1やMD5などを挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]