バックリンク

用語の解説

バックリンクとは

(被リンク,backlink,)
バックリンクとは、主にSEO(検索エンジン最適化)で用いられる用語で、あるWebページに向けて、他のWebサイトから設置されたリンク(ハイパーリンク)のことである。
代表的な検索エンジンの一つであるGoogleは、「良質なWebページから参照されているWebページは、また良質なページである」という発想から出発し、ページランクの仕組みを導入したと言われている。 GooeleやYahoo!などの主要な検索エンジンが、Webページを評価するための指標としてバックリンクの情報を利用しているとされる。 バックリンクが評価される際には、どれだけ多くのバックリンクが設置されているか、既に検索エンジンから高い評価を得ている良質なWebサイトからのバックリンクを得ているか、アンカーテキストの内容とリンク先の内容は合っているか、バックリンクを通じて繋がっているWebサイト同士の内容は合っているか、といった複数の要素が、評価指標として加味されるといわれている。 バックリンクがWebページの評価に与える影響は、リンクジュースと呼ばれることもある。 バックリンクを獲得する営みは、リンクビルディング(被リンク獲得)と呼ばれている。 最も効果的なリンクビルディングは、人為的なSEOよりも自然的に設置されたオーガニックリンクを増やすため、Webサイトの内容を充実させることだという見解が、当初から現在に至るまで一貫して、一般的な見解として存在する。 バックリンクの数は、Googleでは「Googleウェブマスターツール」、Yahoo!では「Yahoo!検索 サイトエクスプローラー」などで確認できる。 なお、リンクを通じて出入りする方向を意識した文脈では、同じ意味のインバウンドリンクという表現を用いる場合もある。 その際、対義語としてはアウトバウンドリンクという表現が使用される。

用語解説出典   powered by. Weblio

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]