編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バーチャルボーイ

用語の解説

バーチャルボーイとは

(VB,VR-32,VIRTUAL BOY,)
バーチャルボーイとは、任天堂が1995年に発売した家庭用ゲーム機の名称である。
バーチャルボーイは、据え置き型のヘッドマウントディスプレイのような形状をしており、内部のディスプレイを覗き込むようにして画面を見るという特殊なプレイスタイルが採用されていた。 左右の目にそれぞれ微妙に異なる映像を見せ、視差(左右の目で物体をとらえた時に生じるズレ)によって立体的な映像を表現する。 これによって、バーチャルボーイは、テレビを表示装置として用いる他の家庭用ゲーム機とは一線を画する、立体視によるゲームプレイを実現した。 なお、画面表示は黒を基調とし赤単色で描画される。 バーチャルボーイのCPUには、日本電気(NEC)の32ビットRISC型マイクロプロセッサ「V810」が搭載されている。 供給媒体はロムカセットを採用している。 バーチャルボーイの主なゲームタイトルには、「マリオズテニス」、「バーチャルプロ野球'95」、「V-テトリス」などが挙げられる。 なお、バーチャルボーイの考案者は、ファミリーコンピュータやゲームボーイの生みの親でもある、横井軍平である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]