パケットライティング

用語の解説

パケットライティングとは

(パケットライティング)

CD-Rへの書き込み方式のひとつ。

通常のCD-Rでは書き込みの単位はトラックになるが、それをより小さなブロックに分けて書き込めるようにしたもの。 小さな単位で書き込みができるので、フロッピーディスクやMOのような感覚でCD-Rを利用できる。 パケットライティングには、SONYが独自開発した「CD-R FS」と、業界団体のOSTAが開発した「CD UDF」の2種類がある。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

CNET Japan