編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

パッシブ型ICタグ

用語の解説

パッシブ型ICタグとは

(パッシブタグ,パッシブRFIDタグ,passive tag,)
パッシブ型ICタグとは、RFIDタグの中でも、電源を内蔵せず、リーダーライターから発信される信号を電力に変換して機能するタイプのRFIDタグのことである。
RFIDタグとは、ID情報の入ったICチップが埋め込まれた無線ICタグ(荷札)のことである。 電波を使って識別コードを管理システムと送受信し、物品管理などに用いることができる。 パッシブ型ICタグは、自ら電源をもたないことを大きな特徴とする。 リーダーライターのアンテナから1m~2m程度の至近距離では、電磁誘導現象などの原理を用いて動作し、電波を受信・発信することが可能である。 リーダーライターから遠ざかると機能しないため、空間的な適用範囲は狭いが、低コストで製造でき、ほぼ永続的に使用することができるといったメリットを持っている。 商品の在庫管理や盗難防止のタグとして手軽に使用することができる。 RFIDタグの中でも、電池を内蔵して常に信号を発信しており、長距離での交信が可能なタイプのRFIDタグは「アクティブRFIDタグ」(あるいは単にアクティブタグ)と呼ばれる。 こちらは動く対象(人やバッグなど)につけて位置情報を管理するなどの用途で用いられる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]