編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ビデオ・シェアリング

用語の解説

ビデオ・シェアリングとは

(Video Sharing)
ビデオ・シェアリングとは、携帯電話などに搭載される機能のひとつで、通話相手の映像と、端末に収めている動画を共有することができるシステムのことである。
ビデオ・シェアリングにはIMS(IP Multimedia Subsystems)が利用されている。 会話中にテレビ通話を行うことが可能であるほか、会話の途中に自分のいる場所、そばにあるものなどを写すことができる。 言葉では要領を得ないものを詳しく説明したい、と言った場合の用途が考えられている。 話の途中で動画に切り替えたり、会話だけに戻ったりできる点が、一般のテレビ電話とは異なる。 ビデオ・シェアリングは、第3世代携帯電話(3G)サービスの一環として、フィンランドのNokia社によって実現された。 他にも香港の携帯電話会社であるCSL社などが、ビデオ・シェアリングの導入を推進している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]