編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ピクセルシェーダ

用語の解説

ピクセルシェーダとは

(ピクセルシェーダー,pixel shader,)
ピクセルシェーダとは、3次元グラフィックスで光源や陰影の処理を行う(シェーディング)機能の一種で、画像をピクセル単位で処理する方式のことである。
Microsoftが提供しているDirectX 8.0から、機能の一つとして追加されている。 ピクセルシェーダでは、シェーディングを行うためのアルゴリズムを自由にプログラミングすることができる。 ピクセルごとに効果を与えて処理することが可能で、複数の特殊効果を重ねて表現することもできるようになっている。 ピクセルシェーダのアクセラレータには、通常GPU(Graphics Processing Unit)などのハードウェアが利用される。 ピクセルシェーダに対応しているGPUの主なものとしては、NVIDIAのGeForceシリーズや ATi TechnologiesのRADEONシリーズなどがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]