編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ファイヤーウォール専用機

用語の解説

ファイヤーウォール専用機とは

(ファイヤーウォールセンヨウキ,firewall appliance,)
ファイヤーウォール専用機とは、ファイヤーウォール機能を提供することに特化したハードウェアのことである。
ネットワークの内部と外部との接点においてデータの流通を監視し、不正なアクセスが検出され次第、遮断する。 インターネットは、相互にコンピューターを接続したオープンなネットワークのため、企業のLANなどをインターネットに直接つなぐと、悪意を持った外部のユーザーに侵入され、データを盗まれたり、システムを破壊されたりする恐れがある。 ファイヤーウォールは、ネットワークの内部と外部との接点においてデータの流通を監視し、不正なアクセスが検出され次第、遮断している。 ファイヤーウォール専用機はファイヤーウォール機能のみに特化して処理動作を行うので、非常に高度な設定や高度な処理を行うことが可能である。 そのため、ファイヤーウォール専用機は巨大なシステムや高度なセキュリティを必要とするシステムなどに設置されることが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]