ファンクションキー

用語の解説

ファンクションキーとは

(プログラマブルファンクションキー,PFキー,Fキー,Fnキー,function key,programmable function key,)
ファンクションキーとは、キーボード上にある特定の機能を実行するためのキーのことである。
ファンクションとはもともと、機能、作用、働きといった意味を持つ英語である。 ファンクションキーは2種類あり、キー自体に機能が割り当てられていて単独で押すタイプと、他のキーと同時に押して機能を呼び出すために使用するタイプがある。 一般的に、前者はキートップに[F1]~[F12]、後者は[Fn]などと刻印されている。 [F1]~[F12]などと刻印されたファンクションキーを単独で押すタイプは、一般的にキーボードの上辺に配置されている。 ファンクションキーの数はキーボードの仕様によって異なり、10個から15個程度のものが多い。 また、キーの役割は、異なる作業環境でも共通のものが割り当てられているのではなく、機種や、OS、アプリケーションなどによって異なる。 従って、ユーザービリティを考慮して、キートップやキーの近くに、デフォルトの動作やその短縮名が刻印されていたり、キーボードテンプレートが取り付けられたりする場合がある。 多くの環境で用いられるファンクションキーの例として、ヘルプ画面を表示するための[F1]キーが挙げられる。 なお、ファンクションキーの名称は、PC/AT互換機では[F1]~[F12]と刻印されているものが多く、PC-98シリーズの一部では、[VF1]~[VF5]と刻印されている場合もある。 [Fn]キーと刻印されたファンクションキーを他のキーと同時に押すタイプは、一般的にキーの文字色が他のキーとは異なる色で刻印されている。 機能が割り当てられたキーには、ファンクションキーの文字色と同じ色で機能が明記されており、[Fn]キーと同時にそのキーを押すと機能が実行できる。 [Fn]キーは、ノートパソコンや省スペースキーボードなどに多く備えられている。 [F1]~[F12]のキーが省略されているキーボードで、[Fn]キーを数字キーと同時に押すと、[F1]~[F12]のキーで割り当てられた機能が実行できる機種もある。 また、[NumLock]キーや[PrintScreen]キーなどは、特殊キーに割り当てられているものが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]