ファームバンキング

用語の解説

ファームバンキングとは

(ファームバンキング)

 コンピュータと通信回線を使って、企業から銀行などの金融機関のサービスを利用すること。

エレクトロニックバンキングの形態の一つ。 預金の残高照会、入出金照会、口座振り込み、振り替えなどの基本的なサービスに加え、複数銀行への総合振込や給与振込、個人住民税納付、外国為替送金などの機能が利用できる。 電話回線に専用の端末をつないで利用する。 パソコンに専用のソフトを組み込んで、パソコン通信のような形態で利用するサービスもある。 手数料が窓口よりも安く、支店に出向かずにサービスを利用できるのがメリット。 今後はインターネットを利用したネットバンキングへの乗り換えが進むものと思われる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]