フェイク着信

用語の解説

フェイク着信とは

(フェイクチャクシン,Fake Incoming Call,)
フェイク着信とは、携帯電話が着信しているように見せかけることができる機能である。
フェイク着信は、auの携帯電話の対応端末で利用できる。 NTTドコモのFシリーズにも「イミテーションコール」と呼ばれる同様の機能がある。 フェイク着信の機能を使用すると、実際には誰からも電話がかかっていないが、着信音が鳴ったり、本体のLEDが発光したりといった、着信時のアクションを再現することができる。 電話をとって(着信音を止め)、通話をするふりをすることで、周りの人に自分が通話をしているように見せることができる。 フェイク着信は、女性の夜道での一人歩きなどの場面において、人と通話中であることをアピールすることで不審者を心理的に牽制し、容易には近寄りがたくする効果を想定している。 フェイク着信を起動する操作は、機種によって異なるが、特定のキーを長押しすることで起動できるようになっている場合が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]