フェイルオーバー

用語の解説

フェイルオーバーとは

(フェイルオーバー)

 サーバに障害が発生した場合に、代替サーバが処理やデータを引き継ぐ機能。

平時には二つ以上のサーバが、相互に状態を監視しながらデータの同期をとって動作している。 そして障害が発生した場合には、その処理とデータが直ちに代替サーバに引き継がれるので、利用者は障害による影響を意識せずに済むようになっている。 なお、二つ目以降のサーバに障害が起こった場合にも次々と引き継いでいく「カスケード・フェイルオーバー」という機能も存在し、最近ではこちらの機能を持つソフトウェアも増えつつある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]