フェイルソフト

用語の解説

フェイルソフトとは

(フェイルソフト)

 システムの一部に障害が発生した際に、故障した個所を破棄、切り離すなどして障害の影響が他所に及ぼされるのを防ぎ、最低限のシステムの稼動を続けるための技術。

 ハードディスクを複数個備え、内容を常にミラーリングしているRAIDシステムや、電源やネットワークカードのコントローラを複数個備えているリダンダント電源やリダンダントネットワークカードなどでは、運用中に一ヶ所に障害が生じても、残された系統で運用を続けることができ、直ちにシステムが停止しないようになっている。

 このように、システムの要所に複数系統を用意した冗長化を行ない、さらに故障の自動的な検知、故障に対する対処の自動化を盛り込んだシステムをフェールソフトと呼ぶ。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]