フォトレタッチ

用語の解説

フォトレタッチとは

(フォトレタッチ)

スキャナで取り込んだ写真やデジタルカメラで撮影した画像を、必要に応じて加工することをフォトレタッチという。

具体的には、フォトショップやペイントショッププロといった画像ソフトを使い、画像の明るさやコントラストの補正をしたり、被写体の傷やスキャニング時のほこりなどを修正すること。 画像にさまざまな効果を加え、好みの画像に変えることもフォトレタッチ。 画像の傷を修正したりする作業は初心者には少々難しい作業ではあるが、最近の画像ソフトではそれらの処理をメニュー形式で半自動的に行ってくれるようになり手軽となった。 フォトレタッチは画像ソフトだけでなく画像ビューアやアルバムソフトでも簡単なフォトレタッチ機能が付いているものも増えているので、それを利用するのもよい。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]