フォトCD

用語の解説

フォトCDとは

(フォトCD)

写真画像を記録できる追記型CD。

米Eastman Kodak社がオランダのPhilips社と共同開発した。 マスター・フォトCD、プロ・フォトCD、フォトCD・ポートフォリオの3種類があり、通常、フォトCDといえばマスター・フォトCDのことをいう。 35mmのネガフィルムまたはAPSフィルム、ポジフィルムからの書き込みが可能。 書き込みサービスは、DPEショップや大手パソコンショップで行なっている。 スキャンしたデータは、1/16BASE(128×192ピクセル)から16BASE(2048×3072ピクセル)までの5つの解像度をもつイメージパックというフォーマットで保存してある。 データはまとめて圧縮してあるが、JPEGなどのフォーマットと違い、解凍する際、画質の劣化はない。 フォトCDに対応しているCD-ROMドライブで読めばコンピュータに画像を表示することができる。 MacintoshではQuickTimeとApple Photo Accessがインストールされていれば、フォトCDをデスクトップ上にマウントできる。 プロ・フォトCDは、35mmフィルムのほか、ブローニーサイズと4×5サイズからも書き込みが可能で、64BASE(4096×6144ピクセル)の解像度を加えたプロ仕様のフォトCD。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]