フォルダアクション

用語の解説

フォルダアクションとは

(フォルダアクション)

Mac OS 8.5から追加された機能拡張ファイルまたはその機能。

フォルダにAppleScript のスクリプトを割り当て、フォルダの開閉やファイルの移動などの操作に対して特定の動作を対応させる。 フォルダへのスクリプトの割り当てと解除は、コンテクストメニューで行なう。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]