フォルダナビゲーション

用語の解説

フォルダナビゲーションとは

(フォルダナビゲーション)

Mac OS 8のFinderでファイルやフォルダを他のフォルダに入れるとき、アイコンを重ねた状態でマウスボタンを押し下げたままにするとフォルダウィンドウが自動的に開く機能。

ファイルやフォルダの移動時以外なら、フォルダのダブルクリック後にマウスボタンを押し下げたままにすると、マウスポインタが虫眼鏡の形に変わり、フォルダが自動的に開く。 次々とフォルダを開いて深い階層に移動することもできる。 目的の階層以外のフォルダは自動的に閉じるため、デスクトップを散らかさずに目的のフォルダにたどり着ける。 また、アイコンやマウスポインタをウィンドウの外に出せば、開いたウィンドウは自動的に閉じる。 「編集」メニューの「Finderの設定...」でフォルダが開くまでの時間を設定できる。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]