フォントアップデータ機能拡張

用語の解説

フォントアップデータ機能拡張とは

(フォントアップデータキノウカクチョウ)

Mac OS 8.5からはTrueTypeフォントフォーマットが拡張され、ビットマップフォント用の丸漢ファイルが不要になった。

従来の丸漢ファイルを持つTrueTypeフォントを新しい形式に変換するのがこの機能拡張で、変換はシステム起動時に行なう。 一度変換したフォントには、次回以降の起動時には何もしない。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]