フォントフォルダ

用語の解説

フォントフォルダとは

(フォントフォルダ)

システムフォルダ内にあるフォントを入れておくフォルダ。

漢字Talk 7.1では、フォントスーツケースのみがフォントフォルダに入っていたが、漢字Talk 7.5からは標準で丸漢フォントもフォントフォルダに収められるようになった。 Mac OS 8.5からは日本語TrueTypeのフォーマットが拡張され、丸漢のビットマップフォントはスーツケース本体に含まれるようになった。 丸漢フォントをもつ従来のTrueTypeフォントは、Mac OS 8.5起動時に「フォントアップデータ機能拡張」が新しいフォーマットに変換し、丸漢フォントは削除される。 OCF Type 1フォント用ビットマップフォントなどの扱いは従来通りである。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]