フォーマット容量

用語の解説

フォーマット容量とは

(フォーマットヨウリョウ,formatted capacity,)
フォーマット容量とは、フォーマット(初期化)された記憶媒体が記録可能な記憶容量のことである。
フォーマットされていない状態の(データが書き込まれている)記憶媒体は、フォーマットされた記憶媒体に較べて、データ以外にもファイル管理・制御のために記憶領域を割いている分だけ、総体的な記憶容量が減少する。 カタログスペックとしてはフォーマット容量が記載されていることも多いため、コンピュータシステムから容量を確認した場合とは容量の値が異なる場合が生じる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]