フォーム

用語の解説

フォームとは

(フォーム)
フォームとは、Excelの機能としては、各列のセルについてそれぞれ入力操作を行うことのできる入力機能のことである。
通常ではカーソルの乗っているセルひとつが入力操作の対象となっているが、フォーム機能を用いることによって、列単位で入力作業を並行して行うことが可能になる。 フォーム機能は、レコードごとのデータ管理を行う場合や、各列において入力されたセルの数が大きく異なる場合などに便利な機能である。 Excelのフォーム機能を用いるには、[データ]メニューから[フォーム]を選択すればよい。 するとダイアログボックスが現れる。 ダイアログボックス内の入力欄は列ごとに複数並んでいるため、それぞれの列に対して入力操作を行うことができる。 「新規」ボタンをクリックすれば、各列の未入力セルに照準が合わせられるので、ワークシート上でカーソルを縦横に動かして最後部のセルを探すといった手間を省くことができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]