フジカラーCD

用語の解説

フジカラーCDとは

(フジカラーシーディー)
フジカラーCDとは、富士フイルムによって提供されている、カメラで撮影した写真をデジタルデータとしてCD-Rへ保存するサービスのことである。
フジカラーCDでは、写真フィルムや現像された写真などを、スキャンなどの方法によってデジタル画像化し、CD-Rに書き込むことができる。 画像形式はJPEGで、1枚のCD-Rに約200枚の写真が記録できる。 CD-Rに保存することで、データの長期保存が可能である他、プリンタから出力したり、フォトレタッチを行ったりすることができる。 フジカラーCDでは、フィルムカメラ(銀塩カメラ)で撮影したフィルムや、現像された写真、デジタルカメラで撮影されたデジタルデータなどからもCD-Rを作成することができる。 フジカラーCDのようなCD-R書き込みサービスには、Kodakが提供している「イメージパックCD」などがある。 最近では、デジタルカメラとCD-Rドライブが普及しているため、家庭でデータをCD-RやCD-RWに保存する場合も一般的となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]