フチなし印刷

用語の解説

フチなし印刷とは

(フチナシインサツ,borderless print,)
フチなし印刷とは、印刷の際、紙のふちに余白ができないようにプリンタ用紙いっぱいに印刷する印刷機能のことである。
フチなし印刷は多くの場合、印刷する画像を用紙よりもほんの少し大きめに拡大設定することで擬似的に実現されている。 このとき画像の端では、用紙をはみ出して外側にインクを吹き付けてしまうので、そのインクを受け止めるためのスポンジがプリンタ内部に用意されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]