フラットパネルディスプレイ

用語の解説

フラットパネルディスプレイとは

(フラットパネルディスプレイ)

 筐体が板状で画面が平面になっているディスプレイ機器。

 従来から主流であったCRTディスプレイの筐体は、ブラウン管が奥に大きくせり出した構造となっており、画面も丸みを帯びていた。 これに対し、近年の技術革新によって生み出された省スペースで画面が平たいフラットパネルディスプレイが注目を集めている。 省電力など副次的なメリットを備える方式もあり、様々な方式が生み出され、研究されている。

 FPDで最初に実用化された液晶ディスプレイは、表示可能な色数や画面の変化に対する反応速度などに問題があったが、最近の技術革新によりそれらの問題も解消してきている。 FPDを実現する技術は液晶以外にもいくつかあり、代表的なものにはLED(発光ダイオード)、EL(Electro Luminescence)、VFD(蛍光表示管)、PDP(プラズマディスプレイパネル)などがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]