編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

フリッカフリー

用語の解説

フリッカフリーとは

(フリッカフリー)

 CRTディスプレイに画面のちらつき(フリッカ)が生じないこと。

現在主流のラスタスキャン方式のCRTディスプレイで、単位時間あたりの画面の書き換え回数が少ない、すなわちリフレッシュレートが低いと、ちらつきを感じることがある。 これがフリッカである。 概ね70Hz(毎秒70回再描画)以上のリフレッシュレートだとフリッカを感じないため、ストレスなく作業が行なえる。 この状態がフリッカフリーである。 フリッカを感じる画面で長時間作業をするのは大変目に悪い。 解像度を下げたり同時発色数を減らすなど、設定を変更してリフレッシュレートを上げるべきである。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]