フリップフロップ回路

用語の解説

フリップフロップ回路とは

(フリップフロップカイロ)

 「high」と「low」の二つの安定状態を持つ電子回路。

二つの状態を「0」と「1」に対応させることで、1ビットの情報を保持できる。 加える信号によって二つの状態が交互に変化するようにできている。 大規模な電子回路を構成する基本的な素子で、SRAMや、マイクロプロセッサ内部のフラグやレジスタ等の記憶回路に使われる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]