フルスクリーン表示

用語の解説

フルスクリーン表示とは

(フルスクリーンヒョウジ,全画面表示,full screen,)
フルスクリーン表示とは、ウィンドウの内容をディスプレイの表示領域いっぱいに表示させることである。
フルスクリーン表示はウィンドウの「最大化」とは異なり、タイトルバーやメニューバー、タスクバーも隠す。 操作を思わせるアイコンなどがすべて排除されるため、臨場感が出るし、誤操作も少なくて済む。 フルスクリーン表示はプレゼンテーションソフトの演出やムービーの再生、あるいは、ゲームをプレイするときなどに用いられることが多い。 ただし、画面全体に拡大して表示するため、多少表示がぼやけたり、縦横の比率が変わったりする場合がある。 フルスクリーン表示は、WindowsやMac OSなどでサポートされている。 Windowsでは、ファンクションキーの[F11]を押すことによってフルスクリーン表示のオンとオフを切り替えることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]