フルタッチパネル

用語の解説

フルタッチパネルとは

(フルタッチパネルディスプレイ,フルタッチディスプレイ,フルタッチ,full touch screen,)
フルタッチパネルとは、スマートフォンなどの区分のうち、ハードウェア的なキーをほとんど持たず、もっぱらタッチインターフェースによって端末を操作するタイプのことである。
フルタッチパネル型の端末には、一般的な携帯電話やスマートフォンのようなテンキーやキーボードが搭載されておらず、通話や電源のオン・オフを切り替えるキーなど、最小限のキーのみが備わっている。 その代わり、本体前面が大画面のタッチパネルで占められており、画面上のアイコンやソフトウェアキーボードをタッチすることによってほとんどの操作が行われる。 フルタッチパネル型端末の多くはマルチタッチに対応しており、タッチ操作だけでも高度な操作が行えるようになっている。 フルタッチパネルは、Appleが開発した「iPod touch」および「iPhone」の登場によってモバイル端末のタイプとして確立され、それ以降、多くのメーカーが同タイプの端末を発売、スマートフォンの主要な区分の一つとなっている。 なお、スマートフォンの機能を持たない、よりPCに近い用途のフルタッチパネル型端末は、タブレット型端末と呼ばれることが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]