フルワイドVGA

用語の解説

フルワイドVGAとは

(フルWVGA,Full Wide VGA,Full WVGA,FWVGA,)
フルワイドVGAとは、ディスプレイの解像度のうち、画面を構成するドット数が854×480ドット、もしくは864×480ドットである解像度のことである。
フルワイドVGAは、VGAの横幅を広くしたWVGA(800×480)をさらにワイドにした仕様である。 2007年冬~2008年春にかけて発売された、「VIERAケータイ」初代モデルであるNTTドコモの「P905i」およびソフトバンクモバイルの「920P」などは、854×480ドットのフルワイドVGAディスプレイを搭載していた。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]