フロッピーディスク

用語の解説

フロッピーディスクとは

(フロッピーディスク)

FDと表記されることも多い。

FDDはフロッピーディスクの読み書きをするドライブを指す。 パソコンのデータの保存用として最も普及しているのがプロッピーディスク。 円盤状の磁気フィルムに記録し容量は現在1.44MB。 同じフロッピーディスクでもフォーマットの形式が違うと読むことができない。 そのため、マックでフォーマットしたフロッピーディスクはウィンドウズでは読むことができない。 フロッピーディスクは磁気に弱いので、その点に要注意。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]