ブラウザクラッシャー

用語の解説

ブラウザクラッシャーとは

(ブラクラ,browser crasher,)
ブラウザクラッシャーとは、Webブラウザに異常を発生させる目的で書かれた、悪意のあるHTMLコードやスクリプト、プログラムなどの総称である。
Webページのコードとして記述され、ブラウザがそのWebページを読み込んだ際に過負荷や異常動作が発生するよう仕込まれている。 ブラウザクラッシャーは、ブラウザに新しいウィンドウを無制限に開かせたり、周辺機器を読み込ませたり、無限ループするバグを含んだスクリプトを読み込ませるなどの方法で、ユーザーのブラウザやシステム全体を異常に陥らせる。 一度ブラウザクラッシャーが発生した場合には、アプリケーションを強制終了しなくてはならない場合が多い。 多くの場合にはアプリケーションかコンピュータの再起動によって回復するものであるが、ごくまれに電子機器に異常を来たす場合もある。 ブラウザクラッシャーは、掲示板などに自分のWebサイトへのリンクを貼ってユーザーを誘導する方法をとる。 ブラウザクラッシャーを防止するためには、「面白いサイト見つけた」とだけ書かれてタイトルも載っていないようなリンクを不用意にクリックしないことが最も効果的である。 なお、ブラウザクラッシャーと同様にユーザーをWebページに誘い、そこで不快を催すイメージ(腐乱死体や処刑シーンのような)を表示させることで精神的ショックを与える攻撃が精神的ブラクラ(マインドクラッシャー)ト呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]