ブルースクリーン

用語の解説

ブルースクリーンとは

(ブルースクリーン・オブ・デス,青画面,青窓,STOP画面,Blue Screen of Death,BSoD,blue screen,)
ブルースクリーンとは、Windows系OSにおいて、システムの致命的な障害発生時に検出されたSTOPエラーを表示する画面のことである。
エラーメッセージが青色の背景で表示されることから、ブルースクリーンと呼ばれる。 ブルースクリーンが表示される状態は、システムファイルが破壊されているような致命的なエラーである場合が多く、場合によってはOSを再インストールする必要もある。 Winodwsのユーザーには非常に恐れられている画面であるといえる。 ちなみに、MicrosoftのWebサイトには、ブルースクリーンをシミュレートするスクリーンセーバーが公開されており、そこには、「Windows NTで最も恐れられている色の一つは青色だ」と書かれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]