ブロゴスフィア

用語の解説

ブロゴスフィアとは

(ブログ圏,blogosphere,)
ブロゴスフィアとは、ブログのユーザー(ブロガー)によって構成された意味空間(コミュニティー)のことである。
ブロゴスフィア(blogosphere)という語は、「地平」を意味するスフィア(sphere)をブログ(Blog)に組み合わせた造語である。 ブロゴスフィアは各個人が運営するブログの繋がりである。 ブログを利用すれば、個人が自由に、そして極めて手軽に、自分の意見や心情を表明できる。 また、好きなときに更新を行うことができ、その更新がリアルタイムにWeb上に反映される。 ブログの大きな特徴として、「RSS」と「トラックバック」という仕組みがある。 ユーザーはRSSを設定することによって特定のブログが更新された際に更新されたことをすぐに知ることができるようになり、またトラックバックすることによってコメントを繋げることができるようになっている。 特に2003年から2005年ごろにかけてブログは爆発的に普及した。 ブロゴスフィアが拡大するにつれて、テロのような大事件があれば、現場に近いブロガーから近況が届けられる。 インターネットのみならず実社会においてもブログの影響力や訴求力が多きな力を持つようになっていった。 そこで、選挙にブログシステムを活用しようとした政治家も登場するに至っている。 ブロゴスフィアは今後も拡大してゆくと見られる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]