ブロックノイズ

用語の解説

ブロックノイズとは

(ブロック歪,block noise,)
ブロックノイズとは、デジタル画像において発生するノイズの一種で、画像の境目がモザイクのようにはっきりと分かれてしまうノイズのことである。
ブロックノイズはJPEGやMPEGで圧縮伸張した映像において発生する。 JPEGやMPEGではデータの圧縮にDCT(離散コサイン変換)と呼ばれる圧縮アルゴリズムを用いており、画面を8×8ピクセルの「ブロック」と呼ばれる単位で圧縮しているが、あまり圧縮率を高くするとブロック単位で輝度や色情報が均一化されてしまい、グラデーションが消えてモザイクの状態になってしまう。 ブロックノイズは、圧縮率が高すぎたりエンコーダーの処理性能が低かったりすると頻発する。 あるいは、模様があまりに細かいとき、MPEGでは動画の変化が激しい時などにも発生しやすい。 ブロックノイズを抑えるためには、変調率(ビットレート)を低くする方法や、可変ビットレートを使用する方法などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]