ブーリアン

用語の解説

ブーリアンとは

(ブール型,論理型,boolean型,Boolean datatype,)
ブーリアンとは、プログラミングにおける基本データ型の一つで、「真、または、偽」、「はい、または、いいえ」、「オン、または、オフ」などの二者択一条件を表すために使用されるデータ型のことである。
ブーリアンは、論理型と呼ばれ、論理演算の真偽(TRUE、FALSE)に対応し、AND条件やOR条件などの条件式によく利用される。 また、関数の処理結果が正常か異常なのかをブーリアンで表し、それを判定して次の動作を決める場合などにも利用される。 なお、C言語のように、一部のプログラム言語ではブーリアンが言語仕様上で定義されていないこともあるが、多くのプログラム言語では、ブーリアンと同等のことが可能になっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]