プラズモン吸収

用語の解説

プラズモン吸収とは

(プラズモンキュウシュウ)
プラズモン吸収とは、金属の超微粒子が特定の波長の光を吸収する作用のことである。
この作用の結果、金属微粒子の大きさや種類による色変化が表れる。 通常、金属中の電子が光と相互作用をすることはないが、金属表面やナノ微粒子中の電子は、ある条件のもとに光と相互作用する場合がある。 そのような現象が表面プラズモン共鳴と呼ばれる。 プラズモン吸収は、表面プラズモン共鳴による吸収のことであるといえる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]