プログラミング言語

用語の解説

プログラミング言語とは

(プログラミング言語)
プログラム(ソフトウェア)を記述するための言語。
言語と言語の実行環境を合わせて言語処理系と呼ぶ。 大きく、コンピュータが直接理解する低レベルなバイナリ・コードを生成するコンパイラ言語処理系と、人間が読みやすいように論理的に書かれた高級なテキスト・コードを逐次解釈して実行するインタープリタ言語処理系とに分かれる。 コンパイラ言語処理系の代表はC/C++言語である。 CはUNIXを記述した言語として知られており、現在でもOSや高速性を要求するプログラムの開発では人気が高い。 一方でインタープリタ言語処理系の代表はPerlやシェルスクリプト、PHP、JavaScript、VBScriptなどである。 インタープリタ言語は開発生産性が高いのが特徴で、高速性が要求されないケースや、文字列処理や運用管理フローの記述など短時間で処理を記述して実行する用途に適する。

  powered by. ZDNet Japan

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]