編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトスペース

用語の解説

ホワイトスペースとは

(white space)
ホワイトスペースとは、プログラム言語やHTMLのコードにおいて、ソースコードには空白や改行として表現されるが、最終的にブラウザなどで表示させた際には画面に反映されないような文字のことである。
多くの言語において、半角スペース・タブ文字・改行といった制御文字がホワイトスペースとして認識される。 これらの文字が文字列中に1つ挿入されると、半角スペース1個として解釈されるが、これが2個以上続けて挿入されても、同じく半角スペース1個としてしか扱われない。 ホワイトスペースは、ソースコードの記述を整えるためのインデントなどに用いられる。 ちなみに全角スペースはホワイトスペースではなく一個の全角文字として扱われるので、重ねれば重ねるほど空白が表示される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]