編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトボックステスト

用語の解説

ホワイトボックステストとは

(white box test)
ホワイトボックステストとは、システムのテスト手法のうち、特にどのような論理構造で作成されているかに着目したテストのことである。
ホワイトボックステストでは、プログラムの外部仕様には着目せず、論理を実現するために使われている命令や、分岐が正しく動作するか、といった部分についてチェックが行われる。 判定の度合いは網羅率(Coverage)によって示され、網羅率が100%となることを目指して進められる。 チェックの観点に従い、命令網羅(C0)、分岐網羅(C1)、条件網羅(C2)などの種類に分けられる。 命令網羅(CO)は、全ての命令が正しく一度は実行されたかどうかをテストする観点である。 分岐網羅は、全ての分岐が正しく一度は実行されたかどうか、条件網羅は、複数条件の真偽の組み合わせについて全ての分岐が正しく一度は実行されたかをテストする。 ホワイトボックステストは、プログラム側の観点からテストが行われるため、仕様を誤解して作っても正しい結果が得られる。 また、ホワイトボックステストに対して、内部構造は関知せず外部仕様だけに着目し、仕様通り動作することを確認するテスト手法が、ブラックボックステストと呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]