編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロセンサー

用語の解説

マイクロセンサーとは

(Micro sensor)
マイクロセンサーとは、マイクロマシン技術によって作製された物理量や化学量を検出する微小な素子の総称である。
マイクロセンサーはマイクロマシンの中でも最も早期に開発・実用化が進んだ分野である。 マイクロセンサーの種類としては、機械量・化学量・電気量・バイオ・光学センサーなど、様々なものが開発されている。 センサーがマイクロ化されることによって、環境を乱さないこと、局所的な状態が計測できること、回路と一体化できること、省電力化できること、といった利点がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]