編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マスクビット

用語の解説

マスクビットとは

(mask bit)
マスクビットとは、必要な情報を取り出すためにビットごとのAND演算を行う際に使うビットパターンのことである。
取り出す部分のビットは1、それ以外のビットはすべて0となっている。 マスクビットの用途は、プログラミングのテクニックとして有用であるが、ハードウェアからの割り込み制御においても重要な用途に使用される。 それは、割り込み要因がビット単位に定義されている場合に、マスクビットで割り込みを許可するかどうかを指定する時である。 例えば、割り込み処理中には、より優先順位が高い割り込みだけを受け付けるように、割り込みの優先順位の管理をマスクビットで行う。 ちなみに、マスクができない割り込み(ノンマスカラブル)もある。 これはNMI(Non Maskable Interrupt)と呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]