編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マッハジェットプリンタ

用語の解説

マッハジェットプリンタとは

(mach jet printer)
マッハジェットプリンタとは、インクジェットプリンターで、セイコーエプソンの採用しているインク射出機構の名称である。
積層構造を持った、ピエゾ素子と呼ばれる圧電素子に電圧を加えて振動させる。 インクには圧力が加わり、水鉄砲の要領で、ノズルから勢いよくインクが射出される。 ピエゾ素子を利用したインクジェットプリンターは、必要な圧力をかけるための電圧を生み出すために、装置がかさばってしまい小型化が困難だった。 セイコーエプソンは、素子に積層構造を持たせることで小型化に成功し、個人ユーザー向けの製品化を実現した。 これに対しキヤノンが採用しているインク射出方式はバブルジェットと呼ばれ、こちらは熱によるインクの発泡を利用するが、マッハジェットはバブルジェットに比べてインクがノズルに詰まりやすい反面、インク滴を制御し的確に射出することが可能で、解像度を上げやすいと言われている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]