編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マルチキャスト

用語の解説

マルチキャストとは

(multicast)
マルチキャストとは、ネットワーク上でのデータのやりとりであるキャストの方式のひとつで、参加を表明した特定複数の相手に同じ内容のデータを送信する方式のことである。
TCP/IPネットワークで用いられる際は(特にIPマルチキャストと呼ばれるが)、マルチキャストアドレスと呼ばれる特殊なIPアドレスにデータが送信される。 データはネットワークの途中のルーターなどによって、配信先の数に応じて自動的に複製された上で配信されるので、送信者が行うデータの送信は1度だけでよい。 同じデータが所々で複製されるので、音声や動画などの容量の大きなデータでも効率よく、また回線を圧迫することなく配信することができる。 インターネットで配信する場合などに用いられる。 マルチキャストに対して、単一のIPアドレスを指定してデータを送信する方式はユニキャストと呼ばれ、ネットワーク上のすべての相手にデータを送信する方式はブロードキャスト呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]