編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マルチセッション

用語の解説

マルチセッションとは

(multiple session)
マルチセッションとは、CD-Rのデータ記録形式のひとつで、CDのデータの単位であるセッションが追記可能であることである。
あるいは複数のセッションが記録されたCDのこと。 CD-Rにデータが書き込まれる際、データの前には記録開始を示すものとしてリードインが、またデータの後には記録終了を示すものとしてリードアウトが付与され、これら1組がデータの記録単位であるセッションを構成している。 セッションは設けられるのは書き込み1回に対して1組となる。 1枚のディスクにつき1度しか書き込みを行うことのできないディスクアットワンス方式では、設けることのできるセッションも1組のみである。 これはシングルセッションと呼ばれる。 これに対し、1度の書き込みにつき1組のセッションが書き込まれるセッションアットワンス方式や、1度の書き込みにつきディスクの記録単位の1つであるトラックが書き込まれるトラックアットワンス方式などでは、セッションを複数設けることが可能であり、マルチセッションと呼ばれている。 例えば通常の音楽CD(CD-DA)はディスクアットワンス方式で書き込まれたシングルセッションであり、CD-Extraなどは音楽データのセッションの後ろに映像データとなるセッションを持つセッションアットワンス方式が用いられるのでマルチセッションであると言える。 マルチセッション方式での書き込みを行なうためには、CD-Rドライブがトラックアットワンス方式による書き込みに対応している必要があるが、オーディオ機器や古いCD-ROMドライブなどにはマルチセッションに対応していないものがあり、そのような機器で再生すると最初の1セッションのみが読み出されることになる。 セッションの追記は、容量の範囲内であれば最大99まで追記できる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]