編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マルチプロセッサ

用語の解説

マルチプロセッサとは

(multi-processor,MP,)
マルチプロセッサとは、1台のコンピューターに複数のマイクロプロセッサを搭載することである。
処理を分散させることで、総体としての処理の高速化を図るものである。 マルチプロセッサの中でも、どのプロセッサも同等に処理を分担するSMP(Symmetric Multiple Processor)と、プロセッサごとに分担する処理があらかじめ定まっているASMP(Asymmetric Multiple Processor)の2種類に大別される。 パソコンに搭載される一般的なマイクロプロセッサに、マルチプロセッサ環境を構築するために必要な機能が備わっている場合は少ない。 しかしIntel社のXeonのような、サーバーへの搭載が想定されているマイクロプロセッサは、おおむねマルチプロセッサ環境のための機能をあらかじめ備えている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]